中小・中堅企業の中、ワールドクラスに成長できる力量と潜在力を備えた企業に対して国家レベルでその能力を認めて投資と恩恵を提供します。
当社は優れた力量と無限な発展の潜在力を基に、靴業界で初めてWorld Class 300企業に選ばれました。

WORLD CLASS 300

WORLD CLASS 300 企業とは?

企業自ら成長の力量を強化して持続的な革新を通じて、未来成長動力と競争優位を確保しながら、
取引関係の独立性を土台に成長潜在力の大きな市場でグローバル企業と競争、
取引、協力しながら、市場支配力を拡大する企業

量的・質的規模

量的規模

成長停滞を克服して本格的な成長軌道に進入した中小・中堅企業

質的規模

持続的な革新、取引関係の独立性確保、高い成長性

事業目的

グローバル企業への成長意志と潜在力を備えた中小・中堅企業をWorld Class 300企業に育成することにより、
脆弱な産業の腰を強化して成長動力を持続的に拡充し、良質の雇用を創出/p>

事業内容

推進方向

中堅企業育成のための多様な支援施策が、成長潜在力が高い
中小・中堅企業に集中支援できる仕組み構築


中堅企業育成支援センターがSingle Gatewayとして申請の受付、選定委員会の運営、支援需要把握、事後管理など
企業支援の窓口の役割遂行

支援内容

グローバル市場進出の過程で支援の需要が大きいR&D、専門人材、資金、
海外マーケティング支援などをパッケージとして提供


企業の成長戦略によって要求される政府支援の需要を韓国産業技術振興院、
KOTRAなどさまざまな施策と連携して提供

World Class 300 企業の特徴
売上高の輸出額 シェア R&D 投資率 多様な業種
年平均の売上高が1,763億ウォンで、平均輸出額1,050億ウォン 平均輸出比重 *59.6%の高いグローバルシェアを持っており、現在も世界舞台で主力製品をもとにシェアを拡大している
*売上高対比輸出額
平均R&D投資比率
*6.1%で未来核心技術の確保に向けて継続的にR&D投資を拡大
*売上高対比研究開発費
業種別に電子部品、通信分野の企業が多く含まれているが、農食品、知識サービス、繊維、医薬品など、多様な業種が均等に分布
年度別の企業数
区分 企業数 比重
2011年 29社 12.6%
2012年 35社 15.2%
2013年 32社 13.9%
2014年 54社 23.5%
2015年 30社 13.0%
2016年 50社 21.7%
総計 230 100%
平均 売上高
区分 2011年 選定企業 2012年 選定企業 2013年 選定企業 2014年 選定企業 2015年 選定企業
選定 前(億 ウォン) 1,858 2,104 1,914 1,550 1,065
選定 後(億 ウォン) 2,256 2,549 2,118 1,607 1,175
増加(%) 21.4% 21.2% 10.7% 3.7% 10.3%
平均 輸出額
区分 2011年 選定企業 2012年 選定企業 2013年 選定企業 2014年 選定企業 2015年 選定企業
選定 前(億 ウォン) 1,233 1,008 1,140 892 629
選定 後(億 ウォン) 1,505 1,481 1,300 922 683
増加(%) 22.1% 46.9% 14.0% 3.4% 8.6%