三德通商は既存のアウトソーシングを除去して100%のインハウスシステムを通じて迅速な納期、価格競争力、品質のクオリティを向上させ、バイヤーと三德通商がともに成長発展することができる環境を構築し、最高の競争力を基に、靴産業の質を一段階高めています。

そして高齢化が進んでいる靴産業を未来戦略事業に発展させようと、未来の専門人材を養成するための技能長制度を導入しました。 当社は技能長制度を通じてより体系的な教育プログラムを通じて若い人材が仕事と教育を両立し、若くて躍動的な三德通商の経営体系を構築する核心人材として成長しています。

そして靴産業の環境に対するパラダイムを変化させるために三德通商は最高の生産環境をスローガンに本社と開城工場にインハウス・システムを構築し、最先端設備を実現しており、労働者のための快適な勤務環境を作りしました。

このような環境で社員は、生産に専念して生産能率を高めて、責任のある品質の靴を生産できるインフラを構築しました。




特に、三德通商は国内最多水準の80人の開発人材を保有しています。 一つのR&D研究開発チームが一つのブランドのみを専担してバイヤーの満足度を極大化しています。 計7つの研究開発チームは各チームが他のライバル会社全体の研究開発人員より競争力があり、専担開発チームの運営は次のような強みを持っています。


  • 第一、顧客の大切な技術、知識財産の徹底した保護が可能です。
    -三德通商の各研究開発チームは、自分が担当したブランドの秘密を維持して、他ブランドとの接触を遮断します。

  • 第二、顧客とのコミュニケーションに優れています。
    -各研究開発チームは一つの靴メーカーの規模にしたブランドのみを専担する、また、迅速かつ有機的なフィードバックシステムを構築しています。

 

こうした三德通商の努力をもとに、労働規則、環境などの10大原則を遵守し、企業の持続可能な経営のための企業意識を発展させ、社会的な責任を誠実に遂行するUNGC(United Nations Global Compact)の会員会社として世界市場に進出できる企業として生まれ変わりました。

当社は、顧客に最高の製品を提供しようとする使命感でいつもバイヤーとサムドク通商がともに成長できる企業になるよう最善を尽くします。